自営業って辛いな

この間、友人と家計費の話になりました。
「月の食費って幾ら位?」とか、
「〇〇円じゃ足りないよね」とか、
そんな話でしたが、私からしてみれば、しっかり予算が立てられることがまず羨ましい。

うちは自営業なので、収入もマチマチ。
酷い時は、2か月以上お金が入って来ない時だってあります。

これじゃあ、どうしたって家計費の予算なんて組めない。
そして、やっとお金が入ってきても、ガス代だ電気代だ保険代だと、一瞬にして諭吉は消えて行きます。

一生懸命働いてくれている夫には、本当に申し訳ないんだけど、
どうして私ってサラリーマンと結婚しなかったのかなぁ。

もちろんサラリーマンだってリストラとか今は色々大変な時代という事は分かってる。
でも、自営って、いつでもギリギリだし、何かあっても誰も守ってくれないし、
なんか、人生わざわざ大変なコースを歩んでるって感じがするんですよね。

子供が幼稚園に入ったら、少しでも家計の足しになるパートでも探そうっと。
それまであともう少し、心だけは貧しくならずに頑張っていこうと思います。

息を吸うように借金

私は借金癖がある。
まずは借金をするという行為が癖になってしまったきっかけから触れていきたいと思う。

それは今から数年前、当時学生だった私はとにかく服を買うことが好きだった。多いときには月で20万近く買ったこともあった。
学生の身分でそれほどの散財をすればあっという間にお金が無くなるのは当然で、学校の授業もおろそかにひたすらバイトに明け暮れていた。
前の月に稼いだバイト代の中から好きなだけ服を買うということを続けていたある日、私はクレジットカードというものに出会った。

当時の私にしてみればこれはただの魔法カードにしか見えなかった。なぜなら手持ちがなくても好きな服が買えるからである。
そうやってクレジットカードの罠にまんまとはまっていった私は、来月頑張ってバイトをすればいいやという考えのもと散財を繰り返した。

この時の感覚がすでに借金癖に近かったように思える。
自分の中では後々なにかしらでお金を作り返せば何の問題もないと思っているのである。

この考えが根付いてしまうと借金生活からは容易に抜け出せず、気づけば借金のための借金をする始末である。
こうやって私は借金癖がついたのである。

Meta Data

Title: 自営業って辛いな
Date Posted:
Posted By:
Category: コラム

Copyright © 2019 借金について何も知らなかった
Neighborly WordPress Theme is licensed under the GNU GPL